あかるく、あせらず、あきらめず

この病気は、進行と伴に
・パーキンソン系
・小脳系
・自律神経系
の3種類の症状が出てくるそうです。
(多系統萎縮症の場合)

病気が進行したのか、
手をグーパーしたとき関節の皮膚に張りを感じる様になりました。今週に入ってからです。
先週くらいから、
両手のひらを交互に返す運動を小脳リハビリにときどき少ししてます。が、指導を受けてるわけでもなく、効果は「?」です。

立ったまま静止するのが、ふらつくようになりました。今日(2/27)からです。
自律神経失調症の低血圧が原因では無さそうです。
小脳系の症状だと思います。

近視が強くなりました。
1~2m先がぼやける。2重に見える。まだ仕事で通勤してた頃(昨年2015.8月)からです。
裸眼について見みると、ぼやけて見えるのは近視、2重に見えるのは乱視が原因だろうとのことです。
脳に入った合成画像がだぶって見えるのならば、病気が原因だろう、とのことでした。

「あかるく、あせらず、あきらめず」

友の会で薦めていた心構えだった思います。